手厚い中小企業支援する金融制度

実は今の政府は手厚い中小企業を支援する金融制度を整えています。起業をするような人には支援金を付与する制度を整えていたり、資金を低金利で借りることが出来るようなものもあります。これは国だけではなく、地方の自治体も同じようなシステムを整えていて、中小企業に対してかなり手厚い金融支援策を実施しているのです。ですから、こうしたシステムを利用することで、成長していく起業家はこれから多く出てくることになるでしょう。今は何かと厳しい市場経済ではありますが、やる気のある人にとっては何でも出来る市場になっているともいえるのです。

知っておくべき金融施策

中小企業の経営者である方は、地方自治体が設けている金融施策全般について、インターネットなどを利用してその概要を把握しておくことが望まれます。金融施策の中身は、制度融資と呼ばれるもので、銀行や信用金庫などから直接融資を受けるよりも、メリットが大きい点が特徴です。また、制度融資の骨格は、長期の貸付であること、変動金利ではなく固定金利を採用していること、基本的な利率は1.3%~1.5%程度の低利であること、の3点です。とても使い勝手の良い、中小企業者の満足感が得られる制度と考えられます。しかし、制度融資にもデメリットがあり、企業の財務内容に応じて、年率平均1.05%程度の信用保証料がプラスされます。この保証料率とあわせても、2.3%~2.5%になりますから、お得であることに変わりはないと言えます。

↑PAGE TOP