いざというときの手形割引

取引先から代金の代わりに受け取った手形を、支払い期日が来る前に銀行などの金融機関で現金化する事を手形割引といいます。支払い期日前にどうしても現金が必要になった時に、手形の所有者が行う換金方法です。手形に記載されている決済日を迎える前に行う手続きとなるため、満期日までの金利を割引料として支払うことにはなりますが、すぐに現金化が可能で手元に今使えるお金を増やす事ができるこの方法は、時には強い味方となることでしょう。

↑PAGE TOP