優良企業と金融機関との関係

中小企業も規模が大きくなるにしたがい、都市銀行や地方銀行との取引が増え、金融資産も増加していきます。従業員の社内積立金等を金融機関へ預け入れることにより、信用力や担保力が増し、銀行側も大切なお客様として扱ってくれるようになります。当然のことながら、融資を受けるに際しても、短期プライムレートぎりぎりの採算割れに近いような利率で融資が実行されるなど、お互いの信頼関係はより一層強固なものへと進化していきます。これが優良企業と呼ばれる由縁であり、財務内容や経営全般を含め、優良になればなるほど双方の結束力は高まり、企業は良い方向へと導かれていきます。

中小企業向けの融資とは

資金繰りに追われている中小企業も多く存在します。そのような時には大手の都市銀行などの金融機関よりも地方銀行のほうが融資には柔軟に対応してもらえます。もちろん融資にあたっては抵当や担保を要求されるケースもあります。そのような問題で対処するのが困難な時には、いわゆる町金などの高利にはしる前に財務省の窓口に相談されるほうが無難です。それは金融円滑化窓口というところです。ここでの相談の結果次第では国の保証により銀行などから融資を受けることが出来ます。この件に関しては税理士や司法書士の事務所にあらかじめ相談しておくとよい結果が得られることも多いです。

↑PAGE TOP